映画 グリーンブック 感想(ネタバレ考察)虎穴に入らずんば虎子を得ずということが差別を超える友情によってよくわかる映画

舞台は、
1962年アメリカ。

NYのナイトクラブ「コパカバーナ」に
勤める主人公が、クラブ改装のため
休職する。

その間の食いぶちのため、
アメリカ南部をコンサートツアーを
する黒人ピアニストの
運転手になり、一緒に旅をする話。

今回は、
虎穴に入らずんば虎子を得ずということが
差別を超える友情によってよくわかる映画
「グリーンブック」について。

虎穴に入らずんば虎子を得ずとは、
虎子を得たいなら、虎の住んでいる
穴に入らないといけないということから、

危険を犯さないと対価はない
というような意味で使われることがある。

けれど、この映画をみて、
危険とかリスクということについて
考えが変わった。

1962年当時の
アメリカ南部はまだ黒人差別が
色濃く残っていた。

そんな中、黒人ピアニスト
ドン・シャーリー(マハーシャラ・アリ)は、
コンサートツアーに出る。

2ヶ月の間、各地を回り
何講演もしていくけれど、
行く先々で、差別にあう。

そんな酷い目にあっているのに、
なぜそこまでして
ツアーをするのか?という
問いが劇中ずっとつきまとう。

黒人にとって、
死の危険がつきまとう南部への旅には
安全な宿と頼りになる用心棒が必要。

その安全な宿が記された
ガイドブックがグリーンブックで、
ナイトクラブで勤める
主人公のトニー(ビゴ・モーテンセン)が
頼りになる用心棒として登場する。

主人公のトニーも、
ピアニストのシャーリーに雇われるも、
最初はボスというだけで、
黒人に対して
偏見や差別の心があった。

それが旅を続けていく内に
互いに打ち解けあっていく。

それは、主人公トニーが、
シャーリーがなぜ酷い目にあいながらも、
続けるのかを感じ取って
いったからなんだと思う。

シャーリーは世界一流の
ピアニストで、アメリカ北部で
演奏すれば、南部で演奏する
3倍の料金をとれる。

にも関わらず、シャーリーは
黒人にかけられた差別や偏見を
とくためにリスクを犯して
コンサートをする。

その姿を観て、
主人公トニーの心が変わっていく。

最初は、グリーンブックにのっている
黒人が安心して泊まれる宿には
シャーリーしか泊まらず、
自分は別な宿に泊まっていた。

それが、主人公トニーも、
シャーリーと同じ宿に
泊まるようになる。

そこで主人公がシャーリーに
寂しいなら待っていてもだめで、
自分からいかないと
という話をする。

シャーリーが黒人への
偏見や誤解を解くため、
南部へ自ら行くように、

主人公トニーも、
グリーンブックにのっている宿という、
相手のフィールドに
踏みいっていくことで、
互いに友情が芽生えていく。

死の危険を犯して、
コンサートツアーをする勇気がある
ドン・シャーリーも、

プライベートになると、
孤独な生活を送っていた。

それが、主人公トニーとの
交流の中で、相手の懐へ
飛び込めるようになっていく。

トニー家族主催の
クリスマスパーティーに、
遠慮して参加しなかった。

けれど、ラストで、
手土産を片手に、
トニーの家までやって来た。

コンサートツアーに出る前なら
絶対に、トニーの家に行くことは
なかっただろう。

寂しい想いをしていたり、
孤独にさいなまれているとして、
待っていたんじゃ、
何も変わらない。

虎穴に入らずんば虎子を得ずを
行動に移すとたしかに、
虎にやられるかもしれない。

けれど、
トニーやシャーリーがお互いに、
相手のフィールドに
飛び込んでいなければ、
きっと友情も生まれなかっただろう。

自分の殻にとじ込もって、
孤独だ寂しいとウジウジ
してしまうような時、
この映画をもう一度観て、
自分から動いて、
相手のフィールドに飛び込む
勇気を貰おうと思う。