フロンティア 簡単なあらすじ

不動産開発工事 工事中に遺跡出土 ww2ベニングラード包囲網塹壕と判明 開発中止を求め、抗議運動する人出現 主人公の不動産営業マン説得に向かう 両者話し合い 塹壕に入る 多数の遺骸出土 主人公と同じ名前の認識票を発見 事故が起き、塹壕崩落 両者意識不明 抗議の人、病院へ搬送 主人公、ww2にタイムスリップ 遺骸が遺骸になる前の姿に遭遇 主人公、現在へ戻ろうと右往左往 急に、現在に戻る また、過去に […]

パシフィック・リム アップライジング 簡単なあらすじ

スクラップ娘との出会い 違法イェーガー搭乗で主人公と娘、拘留 イェーガー訓練所に送られる 訓練 シャオ産業無人イェーガー世界に配備 暴走 暴走無人イェーガー、異次元への裂け目を開く 異次元から怪獣出現 たくさん出現 裂け目解放を阻止 だけど、3びきだけ怪獣出てくる 怪獣富士山を目指す 有人イェーガー修理 怪獣とTOKYOでバトル 怪獣3びきが合体 巨大怪獣富士山を目指す 有人イェーガーで阻止を試み […]

GODZILLA 怪獣惑星 簡単なあらすじ

ゴジラ暴れる 人類、宇宙船で地球外へ逃亡 居住可能惑星を探すが見つからず 20年 やっぱ地球に戻ることに 戻ってくると1万年程経過 ゴジラまだいる ゴジラ殲滅作戦スタート なんやかんやで うまくいくのだが・・ GODZILLA 怪獣惑星 を豪快にネタバレした感想はこちら 楽天市場で購入 Amazonで購入 Yahooショッピングで購入 7netで購入 by カエレバ

デストラップ・死の罠 簡単なあらすじ

落ち目の劇作家の暮らし紹介 昔の教え子から脚本が届く 横取り計画を立てる 殺したり 殺そうとしたり 殺されたり 殺されなかったり やっぱり殺されそうになったり、 という劇を作って一発当てて 終了 デストラップを豪快にネタバレした感想はこちら 楽天市場で購入 Amazonで購入 Yahooショッピングで購入 7netで購入 by カエレバ

未来はいつだって白紙だということを教えてくれた映画

舞台は、 1885年、1955年、 1985年、2015年の アメリカ、ヒルバレー。 過去へ未来へ いったりきたり目まぐるしいけれど、 シリーズを通して、 個人的に一番メッセージ性を 感じられる 「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2&3」 について。 西部時代からなんとか 無事に帰ってきたはいいけれど、 線路沿いにワープしてきたせいで、 現在を走る列車とデロリアンが 鉢合わせになる。 そのせ […]

ヨーロッパ産の凸凹コンビのバディが観たいならこの映画

舞台はドイツ。 特殊部隊の型破りな隊員と変人の 凸凹コンビが、国家レベルの危機を 解決していく。 もう特に、考えることもなく、 ただ観て楽しむ以外にない映画。 この映画に教育的な要素は 特にないし、求められてもいないし、 これぞ娯楽映画。 アメリカ産のおバカ系映画と ちょっと違うものを探していて、 バディ物で、ほどほどに下ネタあり、 恋愛あり、アクションありの 娯楽映画を探している人がいたら、 こ […]

炎上も見方を変えればのろしになるという人の認識について考えされられた映画

舞台はスウェーデンの 美術館。 劇中に現代美術の作品が ところどころ出てくる。 この映画の主題でもある、 ザ・スクエアという、 新しい企画の目玉作品。 この正方形の中では、 人は平等で、やさしさをもって うんぬんというのが、 作品のメッセージなのだが、 実際は、その作品をめぐって、 主人公であるキュレーターは、 嘘や裏切りを重ねていくことになる。 今回は 炎上も見方を変えればのろしになるという 人 […]

システムの欠陥はいつも人なんだと教えてくれた映画

舞台は、 未来予知を犯罪阻止に 利用している未来のアメリカ。 未来予知をできる人を非人格化し、 システムの中に組み込んでいた。 非人格化された人格を 劇中では、プリコムと呼んでいた。 そのシステムを使って、 犯罪を事前に察知して、 未然に防いでいるという設定の 世界の話なのだが、 本日は システムの欠陥はいつも人なんだと教えてくれた映画「マイノリティ・リポート」について。 プリコムが犯罪を察知する […]

マイノリティ・リポート 簡単なあらすじ

犯罪予知システム紹介 お偉いさんシステム視察 主人公、犯行予定犯として指名手配 主人公、逃亡 主人公、逃亡 主人公、逃亡 お偉いさんシステムの欠陥発見 黒幕登場 主人公が犯罪予定犯になった カラクリが判明 そしてシステムが・・ マイノリティ・リポート を豪快にネタバレした感想は こちら 楽天市場で購入 Amazonで購入 Yahooショッピングで購入 7netで購入 by カエレバ

沈みゆく出版業界の絶望と希望が垣間見られるアニメ

本日は 沈みゆく出版業界の絶望と希望が垣間見られるアニメ「ガイコツ書店員本田さん」について。 舞台は、都会(たぶん東京)と 思われる何フロアもある感じの 大型書店。 10年間本屋で勤務された著者が 書店の裏側をリアルに 描き出している。 実際にリアルなのかと言えば、 リアルだと思う。 書店員だったからわりとわかる。 登場人物の顔が、 ガイコツ、だったり、 紙袋、カボチャ、能面、 ヘルメットなどなど […]